自動契約機であっても原則として在籍確認は必ずある

自動契約機であっても原則として在籍確認は必ずある

自動契約機であっても、原則として在籍確認は必ずあります。
審査の一環として行われるため、自動契約機で申し込みをして審査が行われている間に在籍確認も行われています。

 

在籍確認は消費者金融が勤務先に直接電話をかけて、在籍していることを確認する作業です。

 

消費者金融名を名乗ることはなく、担当者が個人名を使っての連絡となります。

 

貸金業法では、消費者金融が第三者に債務の事実を伝えることを禁止しており、消費者金融であることを名乗って契約者を呼び出すことはありません。

 

しかし、勤務先に直接かかってくる消費者金融からの電話というのは安心できるものではありません。もし、想定外の回答が会社にいる同僚からされたとしても柔軟に対応はしてくれています。

 

「折り返します」
「電話番号をお知らせください」
「会社名をお知らせください」

 

このような回答があっても疑われることのないように、受け答えができるだけの柔軟性があります。

 

自動契約機の中で審査を行ったのであれば、在籍確認の時間には会社にいることはできません。

 

消費者金融に申し込みをするときには、在籍確認の時間を指定することもできます。申込書に在籍確認の希望について入力する項目がある場合もあり、同僚ではなく本人が電話を受け取りたいという希望にこたえています。

 

自動契約機で申し込みから行うと、審査時間はその自動契約機の中です。在籍確認が行われるのは、確実に会社に不在の時ということになります。

 

インターネット申し込みは24時間いつでもどこからでも申し込みをすることができます。在籍確認の時間指定を行い、その時間は勤務先で在籍確認の連絡を受け取るということもできます。